私が考えるおしゃれになる道

おしゃれな人ってなぜおしゃれなんでしょう?


おしゃれな人って何歳でも、似合う色も多く、いろんなデザインも着こなせてると思いませんか?
それははぜでしょう?
『美人でスタイルがいい』
それもあると思います。芸能人やモデルさんなどはそうですね^^


でも、一般の方でも素敵な方はたくさんいらっしゃいます。
美人でなくても、スタイルが良くなくても素敵な人っていませんか?
おしゃれな人だと美人に見えたりスタイル良く見えたりしてることがあるので、「美人じゃない」や「スタイルが良くない」とまず思わないかもしれないですね^^

私が思うおしゃれな人になる大事なことは
【自分軸を持っている】だと思います。


おしゃれな方って何かしら自分の軸を持ってらっしゃいます。

それは、元々若い時からおしゃれが好きで、おしゃれをずっとしてきて、養われたものの場合、ご自身ではわからなくても感覚的に持っている方もいらっしゃいます。

ただ、一度見失ったおしゃれの感覚はなかなか元には戻りません。

若い時は似合う幅も広く、似合いにくいものも着こなせることも多いため、いつでもまたおしゃれをしたくなったらできると思い込んでしまいます。


しかし、子育て中だし「まいっか」、家にいるだけだし「まいっか」と過ごしているうちに年齢を重ね、気づいたら「何も似合わない・・・」「昔はこれが似合っていたのに・・・」となってしまいます。

若い時の着こなせる範囲は、似合うポイントからずれていても気にならず着れちゃいます。
まだ肌トラブルもあまりなく、体型も肉のつき方も私たちとは違うため着こなせる範囲も広いのです。


年齢を重ねるとお肌にシミやシワ、くすみがでてきたり、体型も変なところにお肉がついてしまいますよね。骨格もよりはっきりと目立って欲しくない部分が出てきてしまいます。
ですので、着こなせる範囲はピンポイントからあまり離れていない部分だけとなってきます。

※おしゃれ初心者さんの場合


着こなせる範囲から少し外にでてしまうと、「似合ってないな」と違和感を感じることになります。
年齢とともにおしゃれ迷子になってしまう方が通る道です。

道で迷子になってしまったらどうしますか?
地図を見る。ネットで調べる。
それでもわからない場合は人に聞く。ですよね。
その道を一緒に探り、道を示すのが私たちのお仕事です。

【おしゃれになる道】

まずご自身の似合うポイントを知りましょう

似合うポイントに合うものの試着を繰り返す


「なぜ似合うのか」「なぜ似合いにくいのか」をしっかり落とし込みましょう。
私のおすすめとしては、好きではなくても【似合うもの】を何度も身に付けることが大事だと思います。
試着だけでもいいので、似合うバランスを知りましょう

軸をしっかり固めましょう。

【試着のポイント】
・じーっと同じものを見続けない。即判断を心がける。見続けると判断が鈍ります。
・店員さんの意見を鵜呑みにしない。断る勇気を持つ。

小物をプラスしてみましょう

【合わせるポイント】
・服の柄に使われている色のアクセサリーをつける
・ベルトやバッグと靴の色を合わせてみる
・アクセサリーまたはバッグや靴をポイントの色として服とは違う目立つポイントとなる色にしてみる
・小物の色を全体的に合わせてみる
などなど楽しみ方はたくさんあります。

まずは、いろんな色をたくさん使うのではなく、『色を合わせる』を考えながらコーディネートしてみましょう。

モノトーンだけで合わせるときは、小物は赤や黄色など目立つポイントとなる色にしてみるとそれだけでオシャレ度がアップしますよ♪

ピンポイントのおしゃれができるようになったら、似合う範囲を少しはみ出てみましょう。
例えば、明るいすっきりした色が似合う場合、少しくすみのある色を試着してみましょう。
似合うピンポイントのものが着こなせるようになると少しズレても着こなせるようになっている場合もありますよ。
あれっやっぱり似合わないなという時は、メイクやヘアスタイルがイマイチなのかも。
おしゃれに着こなすには、メイクやヘアスタイルも大事。
メイクはちゃんとしましょう。
ヘアスタイルもなりたいイメージにあったものにしましょう。


焦らず少しずつ似合う範囲を広げましょう♡